マカヒキ、まずは休んで巻き返せ!

凱旋門賞のマカヒキの結果は残念なものとなりました。大敗しちゃいましたしね。結果は確かに残念ですが落胆するほどの結果ではなかったような気がします。

というのも、そもそもマカヒキに勝機があると掻き立てた競馬評論家やそれを出しにしたマスコミの騒ぎ方は、なんとなく尋常ではなかった気がするからです。映像でしかレースは観ていないのですが、負け方としては「力負け」といった感じがしました。

凱旋門賞を観戦した評論家たちのレース回顧を見ていると、外枠発送だったことやマカヒキ包囲網、また前哨戦とは違った締まったペースを敗因に挙げているものもありました。

しかし、伝えられている当日の馬場状態や勝ちタイムを見るとマカヒキに有利に働いた点もあったように感じとることが出来ます。確かにマカヒキは日本ダービー馬。強いと言われる3歳世代の頂点に立ちました。

でも正攻法の競馬でこの結果となれば、やはり力負けを認めざるを得ないのではないかと。でも何か敗因を挙げるとすれば、友道調教師が話していた中2週のローテーション。

僕の馬券戦略の中で、ディープインパクト産駒は間隔が空いている方が走ります。下級条件では顕著です。中距離の重賞クラスではそもそも中2週で使われるような番組構成が少ないため、なかなかディープ産駒の中2週を見ることがありませんが、超のつくA級ホースはそんなデータは吹き飛ばします。

そういった意味でも、マカヒキは確かにダービー馬だけど、まだまだ超A級ホースではないのかもしれません。

大きく負けてしまったので、今後の精神的ダメージが心配ですが、これを糧に超A級ホースへの道を歩んでほしいです。

近年のダービー馬で超A級ホースだったのって、結局ディープインパクトとオルフェーヴルだけ。キズナは骨折のあと、しぼんじゃったしね。ダービー馬は不遇になることも多いから、マカヒキにはぜひ巻き返してほしい。