凱旋門賞・・・マスコミの煽り感をようやくかわせるようになった

週末はいよいよ凱旋門賞ですね。日本からは今年のダービー馬であるマカヒキが参戦します。ネットや新聞でもマカヒキの評価が日に日に高まっているように感じます。日に日に高まるこの感じ・・・スポーツの国際試合ではよくありますよね。

僕も40歳を過ぎてからそんなふうに感じられるようになりました。マスコミが必要以上に煽るにはやっぱり理由があるからなんです。

新聞だったら売上部数を伸ばしたいでしょう。テレビなら視聴率を上げたいでしょう。ネットならページビューを伸ばしたいでしょう。とにかく煽ることで自分たちの売り上げにつながるわけですから、耳触りのいい言葉がどんどん入ってくるわけです。

ブラジルワールドカップなんてその典型だったのではないでしょうか。大会前から、日本の決勝トーナメント進出は間違いないような報道がほとんどでした。日本は強い、日本はスゴイ・・・とにかくいい情報しか入ってこないような状況でした。

サッカーの専門家なら日本のコトも敵のコトもよく知っているはずなんだから、もう少し冷静で客観的な判断があってもよさそうなのですが、そんなことは許されないということは想像に難くありません。

彼らを嘘つきとまでは言いませんが、そういわないとマスコミから排除されてしまうのでしょう。マスコミにとって大切なのは上記に挙げた「数字」であり、結果は仮に負けたとしてもOKなのです。いい結果が出ればさらに煽るだけですから。

そういった意味では、リオオリンピックはマスコミ的にも大成功だったということだと思います。

さて実際マカヒキはどうなんでしょう。そりゃ陣営だって、ルメールだって前向きなコメントしかしないでしょう。実際にいい状態なのかもしれないしね。評論家諸氏からも耳触りのいいコメントしか入ってこない。

まあ、いいんですけどね。マカヒキ勝ったら嬉しいけど。でも今の煽り方って、JRAとか初めて買える海外の馬券との関わりと無関係でないような気もしています。

でも、頑張れ!マカヒキ!!

 

投稿日: